一日で巡る台湾の国立公園「太魯閣国家公園」シュミレーション

太魯閣国家公園の自然を楽しむ一日ツアープラン

今回は太魯閣国家公園を1日で散策するシュミレーションプランをご紹介します。

じっくり観光すれば数日を要する太魯閣ですが、計画的に行動すれば1日で見所を回ることも可能なんです!

Taiwan Scene_MyTaiwanTour blog_taroko gorge in a day_airplane

まずは早朝の出発から。
起きたらもう、トレッキング用の装備を着込んでしまいましょう。
朝ごはんはコンビニで調達して、松山空港に向かう途中のタクシーで朝食を食べてみたり。

松山空港についたら、国内線の搭乗口へ向かいます。
バスや電車でのアクセスももちろん可能なのですが、今回は時間節約のために飛行機を選びました。
小さなプロペラ付きの飛行機で向かう先は花蓮空港です。
ここで、ガイド兼ドライバーさんと待ち合わせ。

太魯閣国家公園までは専用車で向かいます。車窓からの海岸の景色も見逃せません。
途中で少し寄り道して、清水断崖という有名な崖から足元の太平洋を望みます。
岸壁の灰色と海の青、空の青、そして山の緑が織り成すコントラストにしばらく感動。
SNS用の写真も撮ります。

Taiwan Scene_MyTaiwanTour blog_taroko gorge in a day qingshui cliff

太魯閣国家公園の入り口についたら、まずはビジターセンターへ。
太魯閣国家公園の成り立ちを学びます。
そのあとは砂卡礑步道と呼ばれる遊歩道へ。砂卡礑步道は公園が成り立つずっと前からあった道で、かつて地元のトゥルク族によって、最初は狩猟道として、その後は日本人から隠れる逃げ道として使用されていたそうです。
Taiwan Scene_MyTaiwanTour blog_taroko in a day_sakadang trail

ハイキングは約1時間続き、その後はお昼ご飯タイム。
原住民の料理が楽しめるレストランで、新鮮な野菜や山豚と呼ばれる地元の豚肉料理を楽しみます。Taiwan Scene_MyTaiwanTour blog_taroko in a day_swallow grotto午後のハイキングでは、燕子口步道と呼ばれる遊歩道へ。
川沿いの平らな道や、季節のお花畑など、いくら歩いても飽きないような大自然の風景が広がっています。
暗くなる前には駐車場へ戻って来ましょう。

太魯閣に来たら、見逃せないものがもう一つ。
それは東大門夜市です。
広い通路と潮風の香りがする東大門夜市は、台北の夜市とは一味違った雰囲気のお店が並んでいます。
原住民系の食べ物も多いので、ぜひ好奇心をマックスにしてチャレンジしてみてください。
dongdamen night market.jpg

台北には飛行機かバスで戻りましょう。
都会の光きらめく台北に戻ってきても、太魯閣での1日はきっと忘れられない思い出になっているはず。

美麗!台湾では、今回ご紹介したような行程をたどるツアーもご用意しています。

(本記事はTaiwan Sceneより転載許諾を得て翻訳・掲載しています。オリジナルのコンテンツはTaiwan Sceneにて掲載しています。)

台湾観光など日本からのツアープランやご相談はお気軽にお問い合わせください!

台湾キュレーターブログ&きっと役立つ台湾旅情報